南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
marue-

「がんばっぺ南三陸町Tシャツ」「南三陸ウインドブレーカー」、婦人服、紳士服、寝具、バッグ、靴、カジュアル衣料からよそ行きのツーピースなども扱っています。

店頭のワゴンには500円からの商品が。
帽子や手袋も入りました。

「がんばっぺ南三陸町Tシャツ」は長袖のポロシャツバージョンもできました。

おすすめその1は1575円のバティック柄のストール。
とてもこのお値段には思えない肌触りとデザインで、はおれば着ている服が高級品に見えますw

入荷後すぐに数枚売れてました。
いい柄があるうちに来てください。

donnbuku

おすすめその2は「どんぶぐ」と「つんぬぎ」。
町内滞在中のボランティアの方にもお求めいただいてます。
久留米絣、古渡木綿を使ったものも、一般的な価格を考えたらぐっとお値打ち。

1000円台のお値打ち品は若い方向けの花柄などがあります。

宮城の冬はどんぶぐなしでは乗り切れません。

靴下や肌着、パジャマ、洋服も冬仕様というか寒冷地仕様のものがいっぱい。
ふかふかのひざ掛けも好評です。

おすすめその3は、なんといっても泊崎荘のクリちゃんの絆ロールケーキ。
町内外からたくさんの方がロールケーキを買いに来てくれます。

有名店のロールケーキにも負けない、南三陸町の名物です。

冷蔵庫で5日、冷凍庫に入れれば1ヶ月もつそうです。
お土産にぜひどうぞ。

また電話とFAXが開通し、元の電話番号とFAX番号が使えるようになりました。
仮設住宅で入居時に電話を引けたところは元の電話番号を使えるようにしてもらえたそうですが、親類の残した家に移ったため、伊里前で使っていた番号が使えるのは当分先になる、と言われていました。

ようやく年内に元の番号が復活したことになります。
これも小さな復興の証。

以前の番号が使えず、これまでご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

スポンサーサイト

PageTop
私の大叔母は気仙沼市にあるケアハウス・ソレイユの丘にいます。

ソレイユは高台にあって無事だったとは聞くものの、親類が行って様子を見てきてくれたものの、電話の復旧が遅くて直接声を聞くことができず、やきもきしていました。

2日ぐらい前に叔母といとこが行ってくれて、いとこのau携帯でようやく話ができました。

その日の時点ではauしかつながらないので、いとこの携帯からの連絡となったようです。

とても元気そうで、震災後も食事等の不自由はあまりなかったとのこと。

ソレイユの丘のスタッフの皆さま、物資等のお力添えをいただいた皆様、ありがとうございますm(_ _)m

津波の様子は見えたそうですが、波がすぐそばに迫るような怖さを感じることはなかったそうです。

ソレイユの丘にご家族・ご親類のいる皆様、ご安心ください。

地域により津波の様子はまた違うとは思っていましたが、やはり大叔母から聞いた津波の様子と、他の人たちから聞いた津波の様子はそれぞれに違います。

そのあたりのことは「津波について2」とでもして、またお知らせしようと思っています。

PageTop
(みなさんの把握している復旧状況など、コメント欄で教えてください。
できればこの記事のコメント欄、それ以外でもかまいません。
私だけでなく他の方も少しでも多くの情報を知りたいと思っています。
コメントのお礼は遅くなりますが、ご了承ください。)


私の通信実績は auだけという地域もあるかもしれませんが(復旧後の状況で地震直後は含めていません)

通話ができた
塩釜・小牛田・大船渡・馬籠・黒川郡・利府・仙台市内

メールが来た
石巻・本吉町・白石・鹿島台(今は大崎市になるあたり)

本吉町の津谷松岡のあたりの親戚もぼちぼちつながってきているみたいです。


その他から連絡が来ていてもバッテリーの都合で今いる場所を聞くことができないことも多いです。

今回いち早く気仙沼市に臨時電波塔が立ったり(私がそれを聞いたのが3/14なので、その日かその前日くらいでしょう)、向こうの人たちが「au だけ通じる」とよく言っているので、今回は au が最強ですね。

内陸部などだいぶ携帯が通じるようになってきたようですから、あとは電力の復旧です。
充電さえできるようになれば。

旧本吉町の親戚宅では電気はまだ復旧していないと連絡がありましたが(au携帯が今日からつながり始めたそうです)、宮城県内で見たTVでは女川と南三陸町以外の市町村は、一部でも復旧してきているとテロップにあったそうです。
大崎市や利府、大河原などは電気が通って、充電ができている様子。

大崎市にいる人から給水車が来ていること、入荷は少ないけど並んでなんとか食料を買えたこと、野菜は少しあったけれど肉・魚はないこと。
ガソリンは供給が再開し、ガソリンスタンドの整理券を配布していると聞いて行ったけど終了していたこと。
町内会の防災組織からわずかな配給があったことや、お年寄りの家に水を届けたりしていることを聞きました。
合併して大崎市になってからきめ細かく行き届かないところもあるようで、町内会で独自努力をしているようです。

仙台市の青空市の復活は報道でご存知の方も多いと思います。
仙台市内のスーパーは営業再開しているところもあるそうです。

大河原は電気と上下水道が復旧し、プロパンガスは使えると。
大河原や仙南はだいぶライフラインも復旧してきているそうで、徐々にスーパーにも物が入ってきているそうです。

ただ宮城県内の上下水道の復旧は時間がかかりそうだと聞いています。
名取ではマンホールから水があふれていると。

みなさん通信やライフラインの復旧など、もどかしさを感じていると思いますが、なにぶん今回は被害を受けた地域が広いこともあり、かなりの作業員の方が頑張ってくださっていると思います。

現状の復旧具合が早いといえるのかそうでないのか、私たちには分かりません。
たとえ電力会社などに勤めている方でも、被害状況やエリアなどを把握できなければ、土地勘がなければ、早いとも遅いともいえないと思います。
このことでこちらにいる私たちがストレスをためないようにしましょう。


ご参考に、KDDI(auの会社です)のホームページで毎日、車載型基地局によるサービス提供地区などの情報を提供してくださっています。

東北地方太平洋沖地震の影響について


あとは古いですがニュース記事を。

携帯各社の通信障害と復旧作業、東北や関東地域で続く――3月17日


PageTop
今日は本当にあちこち、何度も電話のやりとりをしたので、時刻や情報元を書ききれないところもありますが、いろいろ進展がありましたのでご報告です。

私の実家マルエーで長く働いてくれていた町向のYさんと連絡が取れました。
仙台市のあおやま(地名の漢字が分かる方、教えてください。)に住んでいたのですが、家はいられない状態になってしまったので、今は旦那さんの実家のある長命ヶ丘にいるそうです。
午前中の時点ではこの地区も停電が続いているとのことでした。

町向の家族はみんな仙台に連れて行って無事だそうです。
ただ妹さんの息子が一人、当日気仙沼に行っていてまだ連絡が取れていないとか。

無事で、連絡が取れますように。

そして私の上の兄が高台避難していて無事だそうです。

今は停電が続いているため長くは話せませんので、きちんと聞くことはできませんが、Yさんが兄と連絡を取ってくれたのだと思います。

これもたぶんYさん経由かと思いますが、町向かいの別家の大叔父も無事とのこと。


津谷松岡の農園の三男も連絡が取れて、会社の人の家にお世話になっていると親戚から聞きました。

スーパー勤務なので仕事中であればお客様の安全確保が優先。
とてもいい子なので、心配していました。

大河原にいると思っていた農園の長女は、今白石の知り合いの家にいると本人からメールがありました。
女の子一人でいるのではととても心配していたので、ほっとしました。

内陸は被害が少ないせいか物資が届きにくいのかもしれないということです。
(↑こういうのも聞いたら県警でも政府の対策本部でも自衛隊でもいいので伝えましょう。)

そして父と母、祖父が無事だということも分かったそうです。

すべて連絡が取れた親戚からのまた聞きですのであやふやなところがあるかもしれませんが、津波のあった日は父と母、祖父が石巻の病院へ行く日だったそうです。

たぶん日赤病院で、地震・津波の時刻は病院にいたか帰り途中だったか・・・・とやきもきしていたら、無事だとの連絡がありました。

帰り途中だったそうで、呼吸器をつけている祖父のために田束山を通って気仙沼の公立病院に送ってもらったと。

東京や神奈川で父や母を心配してくれている人たちに、さっそくそれを伝えました。

さらに、3人一緒にいるかと思っていたら母は本吉町へ移動したことが分かりました。

本吉町の母の実家の人たちも無事で、避難所で炊き出しをしているそうです。

あのたくましい人たちが(←笑うとこです) みんなで力を合わせて頑張っているのが目に浮かびます。

本吉町や小泉町の様子がほとんど報道されない中で、たくさんの人が心配しています。
物資や救助も今はまだないのかもしれません。

避難所と思われる場所に電話をしても今はつながりません。
本人たちにもつながりません。
電波も電源もありません。

連絡を試みるのではあれば県警や県庁、防衛省、報道関係などへ。
本吉町や小泉町には無事で支援を待っている人たちがいるから、少しでも早く行ってほしい。
このあたりの様子が分からずたくさんの人が心配している、報道してほしいと伝えてください。


また、歌津の韮の浜の高台に実家がある同級生(東京在住)から連絡があり、家は無事でそこに家族と親戚が避難していることが分かったということでした。

県警か自衛隊に番地を知らせるように伝え、無事に連絡が取れたとのこと。

ついさっき、この同級生がmixiで自衛隊が韮の浜に入って、食料や暖房器具が配給になったと伝えてくれたそうです。


気仙沼出身のはとこ・マギー審司さんのご両親(三浦電気さん)も親戚の家に避難されていて無事だそうです。

ご本人も3/14朝の新聞にお父さんが載っていて、インタビューを受けていたことから判明したと・・・・・

避難所にいなくても親戚の家に避難している人たちがたくさんいます!
避難者リストに名前がなくても無事でいる可能性があります!

ただライフラインが復旧していないので、どこかで無事でいることが分かったら県警や自衛隊に番地を伝えて、救助や支援を要請してください。



まだ2番目の兄と奥さん、家族以上に大切な叔母や大叔母、友人たちと連絡が取れません。

でもあれだけの大きな被害の中、親類や友人の家族が無事であったことは、奇跡だと思います。

こちらもつらいですがもっとツライのは被災地にいる人たちです。


連絡の取れた人には

今全国の人が節電や義援金に協力してくれている。
コンビニも節電していてレジ横の募金箱にはいっぱいお札が入っていた。
世界中の人が応援してくれている。
私もやれるだけのことをやる。

きっと電気も水も物資ももう少しで届くから頑張って!

と伝えました。


本当に一人でも多くの人が無事でありますように。

少しでも早く救助や物資がいきわたりますように。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
にほんブログ村


PageTop
県警に電話した際には県内通信規制がかかっているとのことでしたが、わずかにつながることもあるようです。

(かといってやたらとかけても規制が長引くだけですので、ほどほどに。
たぶん仙台あたりが通じたとしても、南三陸町のほうはまだかなり厳しいと思いますし・・・
被災地の家族や友人・避難所より、県警や報道関係、防衛省などに連絡するほうがいいと思います。)


連絡の取れた親戚の職業などの情報を少し詳しく書きます。

親戚の知り合いも安否を心配していると思うので。
(今は個人情報と言っていられない状況ですが、問題があれば後日削除するかもしれません。)

知り合いの方で、今の連絡先が分からなくて心配していたという方がいたら、こちらの記事に私への連絡用の送信フォームがありますので、そちらからご連絡ください。
携帯でも利用できます。

後日本人に確認を取ってから連絡させていただこうかと思っています。

このブログは非公開コメントを入れられますが、そちらを利用される場合はご自身の連絡先とお名前を明記してください。

どちらも「○○で一緒だった」等と書いていただくと良いと思います。


3/13(日)

0:42 さいたま市の親戚から、仙台市内への電話が通じたとの連絡
仙台市泉区泉が丘の自宅で、叔父と叔母が無事


(ちなみにこの叔母は私の母の妹で、本吉町津谷松岡の芳賀写真が実家です。
叔父は小泉町出身で全国転勤をしながら少年鑑別所などに勤務していて、4年くらい前に定年退職しました。
以前仙台の女子大で講師をするという話を聞いていたので、今もその仕事をしているかもしれません。
姓は佐藤です。)


19:52 黒川郡富谷町の親類宅にいる、いとこの携帯電話からの電話
マルエーインテリアという名前で内装の仕事をしている叔父宅です。

姓は千葉です。
叔父と叔母、いとこ(叔父の娘)2人みんな無事。

まだ停電中とのことで詳しい話はできませんでしたが、本吉町津谷松岡の実家を離れて仙台の大学に通っているいとこ(大学の4年?の男の子で3男)が今一緒にいるということでした。

このいとこの姓は菅原で、津谷松岡の農園という屋号のところです。

長男(南三陸町の町職員)は連絡が取れて、無事
大河原にいる?長女も連絡が取れて、無事
スーパーにつとめている(勤務地が分かりません)次男とはまだ連絡取れず

公務員で栄養士をしている、母(私の叔母)にはまだ連絡が取れないとのこと。
叔母には私も3/11に3回メールをしましたが、3通目が戻ってきました。

父(私の叔父)の勤務先は聞くことができませんでしたが、連絡が取れて無事。

おばあちゃんのことも聞くことができませんでした。

停電から復旧したらいとこから私に連絡をくれるように頼んでおきました。

つながったと聞いて私も大河原にいると思われるいとこ(上記の長女)の携帯に電話をしてみましたが、やっぱりダメでした。
でもきっと兄弟と連絡がつながって、とても安心したと思います。

家族と離れていて不安だろうけど、寒いだろうけど、頑張って!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。