南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
先日このブログで竹田市ボランティアセンター宛のタオルの募集についてご紹介したところ、阿蘇でもタオルや雑巾、マスクなどを募集しているとのコメントをいただきました。

こちらにも転載しておきますので、もしご支援可能な方は受け入れ中かご確認の上、ご提供をお願いいたします。

(コメント欄より転載)
阿蘇市の商工会でもタオル等を募集しているとネットで知り、先日問い合わせの上送りました(7/17)。
古タオル、雑巾、軍手のほか、マスクもありがたいとのことでした。
もし良かったらこちらにも送ってくださる方がいるとうれしいです。

〒869-2612 
熊本県阿蘇市一の宮町宮地2020-1
阿蘇市商工会一の宮支所 
電話0967-22-0789

東日本大震災と違い、現地ボランティアセンターや自治体の窓口などと電話連絡が可能な状況です。
電話が混み合ってさえいなければ、受け入れを継続しているか、どんなものが必要か確認して物資を送ることができるはずです。

また現地での混乱や仕分け作業の手間がないように、ダンボールに大きく内容を記載するなど、ひと手間&お心遣いが喜ばれるかと思います。

スポンサーサイト

PageTop
※追記※
汚れた際に手入れをしたり、風雨などの影響で破損・紛失などの可能性もありますので、同じチームのフラッグが重複するのも歓迎だそうです。


※追記2※
募集の終了などもこちらでお知らせしていく予定です。


南三陸町歌津の伊里前福幸商店街でJリーグや野球の12球団、オリンピックの旗などを募集しています。

これまで大漁旗、ご支援でいただいた鯉のぼりや招き猫を飾っていましたが、大漁旗はお借りしていたものなので、近々お返ししないといけないそうです。
鯉のぼりも下げて来年まで保管しておくことになりました。

そこで商店街のみなさんが考えたのは、Jリーグや野球の12球団、オリンピックの旗で商店街を彩ること。

発案者の1人であるヤマウチさんは、震災前は平成の森(野球場、テニスコート、サッカー場や宿泊施設があります・・・一部はありました、ですが)の入り口に「アスリートヤマウチ」としてスポーツ関係の衣料品を扱っていらっしゃいました。
スポーツ少年団で子供たちにサッカーを教えたりもしていたそうです。

最初にサポーターさんなどに呼びかけてフラッグの募集を、と聞いた時、私はサポーターさんの文化を知らないので直接各球団・チームにアポを取ってお願いしたほうが?と思ったのですが、熱いサポーターの皆さんから続々とご提供の申し出をいただいています。

試合の日に集まって寄せ書きをしてくださったり、選手のサイン入りのものを用意してくださったり、アツイです。


☆募集概要はこちら

現在届いている分の旗が商店街にはためいている様子(bochiofootballさん)

チームの垣根を越えて寄せ書きを呼びかけてくださった方々(ole_de_vamos さん)

届いたベガルタ仙台レディースの旗(選手のサイン入り)を持つ商店街のみなさん(ゾウ さん)

今twitterで「伊里前商店街」というキーワードで検索すると、フラッグの寄せ書きに関する呼びかけがいつくもあります。

震災後、町の子供達がスポーツのできる場所が減ってしまいました。
体育館は一時避難所となっていて、グラウンドは避難されている方や支援車両の駐車場に。

避難所が閉鎖された後は学校のグラウンドの一部、野球場やサッカー場、テニスコートに仮設住宅が建ちました。

大人たちも、子供たちに申し訳ないという気持ちを持ってしまっています。

スポーツを愛好する皆さんからの応援はきっと喜ばれると思います。

引き続き、ご協力いただける方がいらしたらよろしくお願いします。


PageTop
sentakuki

いまさらですが、5月はじめに歌津中学校避難所に運んだ洗濯機です。

魚竜の湯の横にある洗濯機が壊れたということで、みなさんからいただいたありがたいカンパで購入して運ばせていただきました。

水道が復旧していないため全自動はダメ、二層式でおばあちゃん達も使いやすいアナログなものが良いと言われたのですが、中古では二層式がなかなか見つからず、新品も店頭在庫のないのが当たり前のようで取り寄せになるとのこと。

送るにしても配送業者がまだ大物は運んでくれず、中継地止まりという段階でした。

どうにか中古家電店で1台在庫を見つけ、ワゴン車を借りて無事届けてきました。

歌津中学校避難所は閉所となりましたが、魚竜の湯は残っておりますのでこの洗濯機も現役で頑張っていることと思います。

写真は6月頃に撮影したもので、利用中の方に手の出演をお願いしました。

あとで収支報告として金額を追記します。

PageTop
■便箋

年配者や子供たちは携帯を持っていないだろう、電話で連絡の取れない人や来られない人に手紙を書いたりしたいだろう、何よりきれいなものやかわいいものを見てほしいと思って用意していった便箋たちは、母に「誰も手紙なんか書いてるヒマない!」と一蹴され、避難所から引き上げてきたのが5月のはじめ。

きれいな便箋からレアな絵葉書、一筆箋に切手、筆記用具も用意したのに・・・・(ーー; )

そのうちボランティアで来てくださった方が後日何かを送ってきてくれるという状況も発生したようで、「お礼の手紙を書きたいけど便箋がない」などと言い出しました;

後で送りなおしたら喜んでいるそうです。

というわけで、便箋。


■折り紙の本や解説

支援物資として折り紙を送っていただく機会も多く、私も預かってあちこちで配りました。
「もうある」という人もいました。

先日子供のいるご家庭へうかがったところ、「ちょうちょ折って」「うさぎ作って」と次々にリクエストが・・・・

折り紙なんて久しくやってないのに;

子供たちは折り紙の定番や難易度に関係なく好きなものや思いついたものをリクエストします。
(無茶ぶりともいいます。)

親子で折り紙をする機会が多い時代ではないので、お母さんたちも幅広いリクエストに応えきれないようです。

そんなわけで折り紙の本などがあると助かります。
印刷可のWEBサイトがあれば、それを印刷したものでも。


支援物資を送る際や被災地へボランティアに行かれる方、ゆとりがあればご検討ください。

向こうで折って教えていただくのももちろん大歓迎です。

PageTop
昨日の化粧品配布は志津川高校、入谷小学校、入谷YES工房、旧入谷中学校仮設、ホテル観洋、馬場中山生活センター、泊崎荘、歌津ディサービスセンター、歌津中学校魚竜の湯で行いました。

明日は志津川中学校、戸倉自然の家を回り、残りの数や時間と相談しつつ、他の場所を回る予定です。

(避難所に関しては女性の人数を確認して配布予定を組んでいます。お近くの方どなたでもどうぞと言える場所が今回は少なくてごめんなさい!)

それにしても女性はみんな化粧品というと顔が輝きますね。

商品を提供してくださっただけでなく遠くからお越しいただいた資生堂グループの(株)キナリの皆様にも感謝です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。