南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南三陸町、庄内町の酒米使用 (2011年4月16日 読売新聞)

庄内町の皆様には足を向けて寝られません。

このお酒を買ってくださることも復興支援になります。
酒好きのみなさま、よろしくお願いいたします。

南三陸町へご支援いただいた方へのお礼に1本持って行きたいものです。


※ニュース記事は一定期間を過ぎると消えてしまいますので、控えを下のほうにある「続きを読む」に保存しておきます。
ケータイで上記リンク先を見ることができない方も、「続き」のほうならご覧いただけます。
(いつまで取っておくかは未定です。)



南三陸町、庄内町の酒米使用(2011年4月16日 読売新聞)

震災による津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町と、同町と友好協定を結ぶ山形県庄内町で、それぞれ収穫された酒米から作った日本酒「南三陸庄内の風」が完成した。


 当初は、両町の友好調印5周年を記念する酒になるはずだったが、震災のため南三陸町の復興を願う酒となった。15日から庄内町内の酒販店などで販売され、1本当たり200円が南三陸町への義援金に充てられる。


 庄内町と南三陸町は2006年5月に友好町の盟約と災害時の相互応援協定を結んだ。友好協定の調印から今年で5周年を迎えることを記念し、昨年から庄内町が発祥地である伝説の酒米「亀の尾」を両町で栽培して日本酒を作る企画が進められていた。


 当初は両町で1000本ずつ販売し、1本当たり50円を社会貢献基金として両町の社会福祉協議会に寄付する予定だった。しかし、今回の大震災を受け、1本当たり200円を南三陸町への義援金とすることを両町と製造に協力する酒造会社「鯉川酒造」(庄内町)で決めた。


 完成した日本酒は南三陸町の「亀の尾」90%と庄内町の「亀の尾」10%を使った純米酒。ラベルには、南三陸町の鳥であるイヌワシの翼と、米どころの庄内町を象徴する稲穂をデザイン。「友好の絆を風に乗せて」との思いから「南三陸庄内の風」と名付けた。


 庄内町の奥山賢一副町長は、「この日本酒が、南三陸町の復興を後押しする大きな風になってくれれば」と話している。1本720ミリ・リットルで1260円(税込み)。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。