南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
南三陸町滞在中(4/15~18)の話をどんな形でご報告したらいいのか迷い、他のことをお知らせしたり諸々の手配やお礼に動いているうちに、10日も立ってしまいました。

たくさんの方がGWに行かれる前に書ききって、事前情報としてお知らせすれば良かったですね・・・・・ごめんなさい。

長くなるかもしれませんが、滞在中の行動を順を追って書いていきます。

まずは初日。

夜中に都内を出発して翌朝宮城県内へ。

途中福島県できれいな朝焼けを見ました。

asahi


災害支援の自衛隊の車が珍しくて撮ったのがこちらの写真。

p1

その後自衛隊の車も、自衛隊の方の姿も全く珍しくなくなるのですが・・・

周りを走っている車のナンバープレートには全国各地の名があり、いろいろな資材を積んだトラックを見かけ、ありがたいな、こんなにたくさんの支援があるなんてと安堵しました。

ですが、やはり南三陸町へ近づくと・・・・・

写真は「続き」に表示します。

被害地域の写真を見たくない方は、ここでストップしてください。


向かって右手側が海です。

向かって左側には電柱があり、建物も残っていますが・・・・

p2

p3

こちらも向かって右手側が海です。
道路をはさんだ左手側がこの有様です。

このあたりに気仙沼線が通っていました。

p4


気仙沼線といえば、車両が止まったまま放置されているところも。

syaryou


この車両に乗っていた人たちはどうしたんでしょう。
(周りがどういう状況だったか記憶にありません。)

気仙沼線は場所によっては線路が曲がるどころではなく、鉄橋からして破壊されているところもありました。
今回の津波はどれだけのパワーがあったんだろうと恐ろしいです。

(撮影した順番(進んでいった通り)にアップしないと地元の人間でもどこだか分からないので順番に載せてますが、これは別なカメラで撮ったのでどこだか分かりません m(_ _)m )


この2枚は、山の向こう側が海。

p6

p7


ずーっとこの状態が続くのに、TVで「ガレキの撤去が全然進んでない」と言っている人を見ると腹が立ちます。

私は行く前から、「被害地域の広さを考えたら、道を通ることができるようになっていることがすごい」と思ってました。

道路をはさんだ反対側も、反対側の山の木にまでいろんなものがひっかかっているということは、道路だってどんな状態だったか。

頑張ってくれている自衛隊や地元の人たちに、とても失礼です。
(被災地の業者さんでショベルカーなどが残っているところは無償で作業してくれたりしています。
こういう状況で使い続けたら、普通の工事の何倍もの早さで寿命がきそうです。)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。