南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
GWは被災地に家族がいる方、ボランティアで炊き出しや慰問に行ってくださる方がたくさんいるのに、ボランティアの手が足りないから今からでも来てほしいと言っている地域も多いのに、物見のために道路を混ませるのは止めてください。

お気楽に物見で行くようなところではありません。


憤慨しているので本気で脅しますが、報道で見ているより、想像しているよりきっと数倍凄惨な状況です。

そしてもし大きな余震や津波が来たら被災地に足止めされて、あなたも避難民になります。
命を落とす可能性もあります。

もう遺体が転がっている状況ではなくなっただろうと油断していると思いますが、そうでもありません。

50日たった水死体に遭遇するかもしれません。
手袋かと思ったら・・・という可能性もあります。

避難所等で活動するボランティアの方と違って、遭遇の可能性は高いです。

実際に物見で行って腐乱した遺体に遭遇し、ショックで心身ともにダメージを受けた人もいます。
(吐いた人がいるそうで迷惑なので、エチケット袋を持参してください。そして必ず持って帰ること。)

記念撮影をしているその場所で、誰かが亡くなっているかもしれません。

行ったら肩が重くなって帰宅後高熱を出すかもしれません。

他の人には見えない物が見えるかもしれません。

行方の分からない家族の遺品を見つけて泣き叫んでいる人のそばでお気楽な物見などしていたら、怒りのあまり誰かが殴りかかるかもしれません。

物見で行っている人とそうでない人は、見ればすぐに分かります。

海沿いの町の人達は気が荒いです。


いろいろな建物が壊れているので、アスベストを含んだ粉塵が飛んでいます。

ガレキの中に工場等から流された危険な薬品が埋もれている可能性もあります。

鉱山跡にも津波が到達しているのでヒ素が流れている地域があるというニュースは見ましたか?

生態系が破壊されているので、正体不明のウィルスが飛び散っているかもしれません。

感染性胃腸炎が一時流行ったという地域もあり、どこでもこのようなケースが起こりえます。


今回の津波はパワーが大きすぎて防波堤や水門も歯が立ちませんでしたが、これまでに年に数回の台風や津波から町を守ってきてくれました。

そうした設備が今はなく、地盤も下がっていて危険です。

ボランティアで行く方はたいてい地元の方のそばにいるので、地元の方が逃げたほうが良いと判断したら適切な場所へ避難誘導してもらえると思います。

物見で行かれる方は何か起きても、どこへどうやって逃げればいいか分からないでしょう。


なにやら闇ツアーまであるとか。

不景気ですから何とかして収益をあげたいのはどの業種も同じです。
そんなものを企画するぐらいならもっと他の努力をしてください。

企画するほうも企画するほうですが、それに申し込むほうもたいがいですね・・・・

そうしたツアーの運転手をどんな方がされるか分かりませんが、都会の道しか運転したことがない人には辛い道もあります。

狭い道にガードレールがなくても、対向車を通してあげられますか?
落ちたら海とか崖とか、そういう状況でも?

ましてや震災後は道が悪く、ガラス片等でタイヤがパンクしたり、溝にはまって動けなくなるといったケースもあります。

行くなら安置所のお手伝いや水の流せない地域でのトイレ掃除とか、ボランティアしていってください。

たたられる可能性がちょっと少なくなるかもしれません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご無沙汰しております

連日の更新ありがとうございます
ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。


昨日、避難している母方の叔母の所(亘理)へ行ってきました。

向かう途中、亘理塩釜線を通りましたが、道路が陥没していたり、まだ車の撤去もされていない場所があったりと、震災前のキレイだった景色がなく、自衛隊の方々が捜索を懸命にされてました。そのような所で、車を止めて写真を撮っている他県ナンバーの車を見ると呪いたくなってしまいます。写真を撮って、ブログに“被災地に行ってきた武勇伝”でも載せたいのでしょうか?被災者の心情を考えてくださるのならば、邪魔なだけなので、来ないでいただきたいです。


叔母の話では、避難所は食料はパンや野菜ジュース等が配給され、足りているとのことです。ただ、ご高齢の方は、パンよりもご飯を食べたいとのことで、そちらはまだまだ不足気味のようです。
また、ボランティアの方々が拾ってくださった写真や思い出の品々を、吉田体育館にて飾ってあります。

ロード | URL | 2011-05-01(Sun)13:38 [編集]


Re: ご無沙汰しております

叔母様に会えたのは嬉しかったでしょう。
でもその場を去るのは、叔母様を置いて行くのは辛かったのではないですか。

私は物見の観光客には遭遇したことはないのですが、見かけたら本気で殴りそうです。
鉄パイプとかそばに転がっていたら、どうしましょう。

車のタイヤにキズつけたら、その人達だけでなくて被災地の人も困りますもんねぇ。
車に落書きなら困るのその人たちだけ?

通行証発行しないと行き来できないなんてことにならないように、ほんと止めてほしいです。

物見の連中!せめてサービスエリアではたんまりお金を使えよ!
じゃないと許さん!

n_c | URL | 2011-05-03(Tue)15:28 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。