南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
被災地の人に「何が欲しい?」「困っていることは?」と聞いても東北人の気質なのかはっきり言わない。

「自分は食べられているから他の人へ」と言う。

これを美徳だと思う人もいれば苛立ちを感じる人もいるらしいです。
ハッキリ言ってくれないと分からない、そういう場合じゃないだろうと。

私には「あれがほしい、これがほしい」と言えない理由がよく分かるんですが、誰もがそうではないみたいですね。

第一に、初めて会う人や、まだコミュニケーションが取れていない人、今まで自分が世話をする側だった息子や娘に「何が欲しい?」と聞かれても、頼めない。

今まで突然誰かに「何が欲しい?」と聞かれて、無償でもらうなんて経験がない。

食べるものにも困っている人がいるかもしれないのに、こんなものを頼んではいけないのではないか。
自分は替えの下着が1枚あってもっと欲しいけど、1枚もない人がいるかもしれない。

子供もガマンしているのだから、大人が何が欲しいと言えない。

タバコが欲しいとか化粧品がほしいとか、言ったら批難されるのではないか。

物資で届くものの中には自分の使いやすいもの(使っていたようなもの)がなかなかない。

女性であれば、男性には言いにくい。

欲しいものを用意してもらっても今はお返しができない。

そんな思いがあってのことですが、何よりもみんなが本当に欲しいのは家と車と仕事(プラス商売道具)だからです。

もっと言えば津波が来る前の町、今までの生活を取り戻したい。
行方の分からない家族や友達、近所の人たちを返してほしい。

それが本音です。


食料や衛生用品を積んで持ってきた人に「何が欲しい?」「何か困ってることは?」と聞かれても、家が欲しい船が欲しい車が欲しいと答えたら悪い、頼んでも手に入らない、つけ上がってると思われそうだ、等と思うからです。

私も食料や除菌シートや衣類を積んで物資を配ってきました。

私が地元出身の人間だと分かった後だったかその前だったか・・・・欲しいものを聞いたら真っ先に「軽トラ」と言ったおじさんがいました。

それが本音で、現実です。

(私は「ごめーん。昨日他のところに5台ばかり置いて来てしまった」と言いましたけど。)

なにやら被災地の方が「家が欲しい」「車が欲しい」というのは贅沢だと言う方もいるらしいです。

「家も車もいらんからこれからもず~~~っと食料も衣類も送ってちょーだい。よろしくね♪」と言っているなら非難されても仕方ないですけど、生活立て直すために家や車が欲しいって、おかしいですか?

都会の人は田舎じゃ車がないと生活できないっていうのは、想像がつかないのかもしれません。

もともと2時間に1本間隔の気仙沼線が壊滅的な被害を受けていて、「○○まで乗せてって」と頼める人も車を失っている。

そういう状況で「車が欲しい」が贅沢だと言われてもね・・・

本気で欲しいと思ってますが、本気で「くれ」とか「くれる」とは思ってないですよ。


ちなみに友達に「そっちのほうにも行くよ」と言うと、みんな「こっちは物資はあるから、顔見せてくれるだけでいいよ」と言いました。

「置く場所あるならもらっとけ」「私が知り合いからもらってきた物資を渡すのに何の遠慮がある」と押し付けてきましたけどね。

「落ち着いたらこっちを助けてよ(笑)」「いずれ世話になるつもりだから」ぐらい言わないと、受け取らない人が多いのは確かです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

水道はまだ!

おはようございます。

Kさんから4・5日前に綺麗な封筒で綺麗な字で「お礼状」が届きました。

ありがとう・助かりました・今は何もお返しが出来ないなど・・・感謝の気持ちが沢山書かれていました。

私は、すぐにメールで「お互い様」「気遣いはいらないよ」「また、送るからね」と打って送信しました。

こちらに書かれているように、東北の方は我慢強い・奥ゆかしい・周りの人を思いやる気持ちが人一倍強いと感じています。

またKさんからの返信で『ありがとう・多方面に移動しつつある状況の様で・・・連絡しますから♪状況をみてSOSをします(^^)v」のような言葉で~

こちらを気遣っているみたい。

まだ、水は来ていないようです。Kさんに連絡して「阿蘇の水」か「霧島の水」を送ろうか?な・・・と、私が送る量はたかが知れているかも知れませんが、焼き石に水だと思いますが、送ろうかなと思っています。

このブログの言葉に頷くことしきりです。

小松千鶴子 | URL | 2011-05-02(Mon)10:23 [編集]


Re: 水道はまだ!

Kさんは字がキレイなんですよね。
いや、字だけじゃないですけど(^^;)

うちの田舎などは奥ゆかしい反面、遠慮なく人をいじったりするところもあるんですよー。
それにそのうち、いらないって言っても強引にお返し押し付けてくると思います。

おっしゃるとおり、Kさんのいる気仙沼市本吉町の津谷エリアは水道の復旧がまだです。
まさか南三陸町のほうが早いとは・・・

阿蘇の水に霧島の水!
そちらも自然の恵みでおいしい水があるんですねー。

焼酎とかも人気なわけです。

姪はなかなか身内に手が回らず、小松さんには大感謝でございますm(_ _)m


n_c | URL | 2011-05-03(Tue)15:40 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。