南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
南三陸町職員で、防災庁舎で避難を呼びかけてくれた遠藤未希さん。

沖合いで遺体が見つかり、旦那さんから送られたミサンガ、DNA鑑定で未希さんと確認されたそうです。

・津波避難呼びかけ続けた女性職員、遺体で発見(読売新聞 5月2日(月)13時22分配信)
(ミサンガとアザで判明)

・避難呼び掛けた職員、死亡確認=大津波に最後まで―宮城・南三陸 (時事通信 5月2日(月)18時9分配信)
(DNA鑑定も)

※ニュース記事は一定期間を過ぎると消えてしまいますので、控えを下のほうにある「続きを読む」に保存しておきます。ケータイの方もこちらが見やすいと思います。
(いつまで取っておくかは未定です。)

遠藤未希さんのことはたくさんの人に知られて、放送時の声も残っています。

でもそこには未希さんの放送を支えた無線担当の方を含め、他の職員の方もたくさんいました。

震災後しばらくたってから、未希さんの放送を聞きました(最初は聞くことができなかったので、後から人のいる時に)。

放送が途切れる直前に、誰かの「もういいよ!」という声が入っています。

(「同じことは書くな」という方もいらっしゃるのですが、過去記事は埋もれてしまうので何度でも書きます。)

私の兄も出張がなければそこにいたはずです。
いとこも代休を取っていなければ、かわいい後輩も産休に入っていなければそこにいたはずです。

防災庁舎か隣接する役場にいたはずの同級生の行方はまだ分かりません。

先月南三陸町へ行った時に捨て犬を引き取ってくださった方は、職員だったご家族をなくされています。
亡くされたご家族の代わりに飼いたいと、名前もご家族にちなんだものにされました。
詳しくはこちら

未希さんだけでなく、たくさんの方がこの場で頑張ったことをたくさんの方に知ってほしいです。

町職員の方だけでなく、避難誘導にあたった消防の方や警察の方、従業員やご近所さんを守るために頑張ってくださった方は、南三陸町に限らずたくさん、たくさんいます。


(被災地にご家族やご友人のいない方は、「続き」も呼んでいただけると嬉しいです。)


震災に関するニュースについては「軽々しくそんなこと言うな」「訳知り顔で適当なことを言うな」と、私も腹が立つことが多いです。

遠藤さんに関するニュースについては最も「知りもしないで適当なことを言うな!」と思うもので、少しでも良心がおありなら、ネットに分かったようなことは書かないでください。

放送を録音しておいて再生とか、ばかげた話です。
(録音だけで職員が助かったら、きっと大批判につながったはず。)

大きな地震が来た時に、再生用の機器が正常に、自動で動く保証はありません。

放送内容も聞いてください。
予想される波の高さについてもアナウンスしています。

到達予想時間と波の高さごとに録音しておき、それが自動放送される仕組みを作ったとして、大きな地震の後に正常に動かなければどんなことになるか。

そんな仕組みがあったとして、数十年に一度来るであろう大津波の波の高さは、宮城県の予想(学者さん達の分析によるものでしょう)では最大3.3メートルなんです。

今回はおよそ3倍ですから、そんな準備がされていたとしても10メートル超えの放送など用意されていなかった可能性があります。
(自動音声ならケタの指定をどうするだけの話ですが、それに触れると長くなるので割愛。)

遠隔地での放送や高台に庁舎をというのは検討されてしかるべきですが、すべて結果論であって、それを批判するなら提言しなかった人、知らなかった人すべてに責任があると思います。

他の地域でそれが実践されているのかどうかを考えて、批判の仕方を変えて欲しいです。


*タイムカプセルのニュース記事を一つ追加しました*

■津波からの避難を呼びかけ続けた遠藤未希さんの同級生がタイムカプセルを開封しました。(フジテレビ系(FNN) 5月4日(水)0時55分配信 )

東日本大震災で、大津波からの避難を防災無線で呼びかけ続けた宮城・南三陸町役場の遠藤未希さん(24)の死亡が、2日に確認されました。
そして3日、中学校の同級生が、9年前の同じ3月11日に埋めたタイムカプセルを開封し、ありし日の遠藤さんがよみがえりました。

3日、震災で大きな被害を受けた宮城・南三陸町の中学校で開けられたタイムカプセル。
くしくも、9年前の3月11日に埋められたカプセルの中からは、当時の写真や、ある卒業生の作文が出てきた。
9年前、「30代の未希さんへ。もう30ですね。結婚していますか?」と作文に書いたのは、町の防災無線で、最後まで避難を呼びかけた遠藤未希さん。
放送の直後に津波に襲われ、2日、夫によって死亡が確認された。
未希さんの親せきの佐々木 淳子さん(24)は「未希はやっぱり、たくさんの人を救ってくれたから、もちろん、わたしは忘れないし、みんなに届けたあの最後の声を忘れないでほしいです」と話した。


■津波避難呼びかけ続けた女性職員、遺体で発見(読売新聞 5月2日(月)13時22分配信)

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町で、防災無線で住民に避難を呼びかけ続け、行方が分からなくなった町危機管理課の遠藤未希さん(24)と見られる遺体が、町中心部に面する志津川湾で見つかった。

 4月23日、志津川湾の沖約700メートルで捜索隊が発見した。家族が、足に結ばれていたミサンガや肩のあざなどから確認したという。詳しい検視が行われており、近く家族に引き渡される。

 遠藤さんは震災発生時、防災対策庁舎2階の放送室から、「高台に避難してください」と繰り返し防災無線で呼びかけていた。津波が迫ったため放送室を出た後、庁舎が津波にのまれ、行方が分からなくなった。

 遠藤さんの母美恵子さん(53)は「家に帰ってきてくれるだけでもありがたい。『よく働いたよ』とねぎらってあげたい」と話している。


■避難呼び掛けた職員、死亡確認=大津波に最後まで―宮城・南三陸 (時事通信 5月2日(月)18時9分配信)

東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県南三陸町で震災当日、津波が迫る中、防災無線で住民に避難を呼び掛けたまま行方不明となっていた同町危機管理課職員遠藤未希さん(24)の死亡が2日、確認された。
 南三陸町によると、遠藤さんは3月11日、町役場の防災対策庁舎2階の放送室から、防災無線で「津波が来ます。高台に逃げてください」と町全域に避難の呼び掛けを続けた。しかし、庁舎全体を襲う大津波にのまれ、犠牲となった。
 県警によると、遠藤さんとみられる遺体が見つかり、DNA型鑑定をした結果、本人と確認された。遺体は近く遺族に引き渡される。 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。
先月南三陸町の皆さんが避難されている避難所に炊き出しで伺いました。
事前にこちらのブログも拝見していましたが、自分はあまりに少ない知識と情報で(それこそ訳知り顔で)被災地を見ていたことに反省しました。
これからも可能な限り書き続けて下さい。

けい | URL | 2011-05-03(Tue)07:34 [編集]


私のかわいい後輩も遠藤さんと同じ時間・同じ場所にいました。最後の目撃情報では津波に飲まれたとのことです。以前、安否はわかりません。


同じ宮城県の名取市に住んでおりますが、南三陸町とは被害状況も異なり、私自身が現状を知らないと非難されるかも知れません。ですが、結果論で批判ばかりしないでほしいです。
防災無線では津波の高さや状況を随時、放送しておりました。迫り来る大津波が目視でき、危ないことがわかってても、住民のために放送を続けてました。あの時、あの場所にいた職員はどれだけ怖い思いをしたことか…。きっと、本心では逃げたかったと思います。でも、それはしなかった。町職員としての使命感や、大好きな南三陸町の住民を助けたいという想いから、最後まで防災無線を続けたのだと思います。
事前に対策していたら、被害が少なかったのでしょうか?『たられば』の話をすれば、私自身、3月11日以前の状態に戻りたいです。被災された方々も多かれ少なかれ、同じ気持ちを持っていると思います。でも、それができない。だから、辛いですが、現実を受け入れて、少しずつ進むしかないのです。


批判したい方は、批判だけで終わらずに、ぜひ行動に移してください。それが、できないのでしたら、批判もしないでください。ご家族・ご遺族の方々が言いたいことがたくさんあるのに一番、我慢してますから。

長文、失礼しました。

ロード | URL | 2011-05-03(Tue)10:49 [編集]


Re: タイトルなし

けいさん、南三陸町へのご支援ありがとうございました。

みなさん喜ばれたことと思います。

報道で知りえるのも現地で目にするものもあくまで一つの側面ですから、行く前はよく分からなかったで当然だと思います。

それに私も炊き出しの方のご苦労、ちゃんと分かっていないと思います。
炊き出しの方とお話しする時間もなかったですし。

先日ある方からご家族みなさんで野菜を切ってクーラーボックスに詰めて・・・と聞きましたが、あくまでその方のケースですから、私のほうこそぜひいろんなお話をうかがいたいです。

何より地元出身の私たちと違って、見ないでも済むはずの方が被災地の現実に直面する辛さを背負ってくださることは、ありがたくも申し訳ない思いです。

n_c | URL | 2011-05-03(Tue)15:51 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。