南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
宮城県人会帯広青葉会さま、ありがとうございます。

宮城県人会が南三陸町にジャガイモ300キロ (十勝毎日新聞社ニュース 2011年05月26日)



※ニュース記事は一定期間を過ぎると消えてしまいますので、控えを下のほうにある「続きを読む」に保存しておきます。ケータイの方もこちらが見やすいと思います。
(いつまで取っておくかは未定です。)


■宮城県人会が南三陸町にジャガイモ300キロ (十勝毎日新聞社ニュース 2011年05月26日)


宮城県人会帯広青葉会(佐々木芳男会長)は23日、東日本大震災被災地の同県南三陸町に十勝産のジャガイモ300キロを贈った。佐々木会長は「今後も被災地の希望に合わせ、できる範囲で支援していきたい」と話している。

 同会は十勝管内の同県出身者やゆかりのある約40人で構成。震災を受け、会員から義援金を募り、4月に日赤に寄付している。

 ジャガイモは支援策の第2弾で、JAうらほろのメークイン30箱(1箱10キロ入り)を送った。同県人会道連合会(札幌)が県を通じ、どの被災地で何を必要としているかを調査し、道内の県人会に支援を呼び掛けた。

 同会によると、被災地ではまだ水道や電気が復旧していないことから、食料を長期間保存できない避難所も。野菜などは定期的に送ってほしいとの希望があるという。

 会員の中には、友人が亡くなったり、県内に実家があり、親類がいる人も。佐々木会長の実家は同県大崎町にあり、「稲作農家で、家は大丈夫だったが、作業場は倒壊した」という。今後の具体的支援についてはまだ未定だが、必要に応じて実施する。(平田幸嗣)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。