南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
南三陸町のみなさん。
3月11日から数日間の、連絡の取れない間。

みなさんのことをいっぱいいっぱい、心配しました。

電話も無事なはずの建物のFAXも全然通じなくて、事の重大さが分かりました。

生きているかどうか分からない人たちの携帯電話に電話をかけ、「電波の届かないところにいるか・・」「ツーツーツー」「現在使用されておりません」等のメッセージにビクビクしていました。

みなさんのご苦労や恐怖に比べたら些細なことですが、町を離れた人たちもものすごく心配して、苦しい思いをしていたんです。

ようやく連絡がつくようになってからも電波が悪かったり、充電ができなかったりでなかなかメールや通話ができませんでしたね。
みなさん順番待ちで、避難所のソーラー充電や手回し式の充電器で気の長い充電をしていたはずです。

電気が通り、携帯電話の電波も復活し、仮設によっては以前の固定電話の番号で電話回線が用意されてますね。
ネット回線まで復旧しています。

仲間が避難所のホームページを3つ用意し、メールで送られてきた内容をこちらでアップするという方法で更新してきました。
ツイッターやブログで自発的に情報発信されている方もいます。


そんな震災直後とは比べ物にならないくらいの通信状況の中、何をなさっていますか?

一部、残念な形でネット利用をされている方がいるようです。



一部の方のために、お住まいの地域のみなさんが、町のみなさんが、被災地全体のみなさんが迷惑します。

支援してくださっている方々も、そうした方々に辟易し、中にはそれをきっかけに撤退する団体もあるそうです。

思い当たる方は、もうそうしたネット利用は止めてください。


震災を経験され、同じように被害を受けた方でも、そのようなことをしていない方はたくさんいる・・・というより、していない方のほうが大多数なのです。

ヒトサマからいただくご支援はどれもこれも、誰かが一所懸命に働いたお金と、善意によるものです。

まして、ゆとりのある方の懐から出たものだけではないのです。

おかしなネットの利用は、震災のショックによる一時的な病状だと、私は信じます。
本性ではないと。

どうかまずは、気持ちから震災前に戻ってください。

おかしなことをしても、嬉しく楽しいのは今一時だけ。
長い目で見れば、誰のためにもなりません。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サステイナブル・シティを目指そう

はじめまして、kaesaru といいます。
南三陸町内の人・役場など、どこにアクセスしても、送信できません。いろいろ探していたら、あなたのブログに行き当たりました。私の意見を聞いていただけますか?
 この災害で初めて南三陸町を知りました。大変だと思います。私は車イス生活で、何もできませんが、半年も経って何も出来ない国に憤りを感じています。一つの意見ですが、町をガレキで埋めませんか。今宮城県全体で、1600万㎥(3県で2300万㎥)のガレキがあります。このガレキをすべて町に持ってくると、3~4m嵩上げできます。<大きなコンクリートの箱で囲み、その上を土で覆う>。そしてその上に、新しい町を創る。
 長くなりますので、もしよければ、ブログを見てください。

kaesaru | URL | 2011-09-11(Sun)10:15 [編集]


あの時を思い出します!

あの時は、n_cさんも私も必死でしたね。

じっくり考える暇もなく、何とか出来るだけ情報がほしいと、何にすがりついたら良いのかも考える頭もまわらなくて~

そして、n_cさんがブログを立ち揚げると・・・正解でしたね。

今は、そんなに変な事にネットを使われる人が出てきたのですか?

情けないことですね。(-_-;)

アメリカの9・11で、またテロが計画されているとかいないとか!?

皆、母なる地球の住民なのにね。

さあ、気持ちを切り替えて前を向いて行きましょう!(^o^)/

小松 千鶴子 | URL | 2011-09-11(Sun)20:43 [編集]


Re: サステイナブル・シティを目指そう

kaesaru さん、はじめまして。
いろいろお考えいただいているようでありがとうございます。

急ぎの連絡や睡眠もままならない状態ですのでじっくりと読ませていただくことが難しいのですが、私個人はガレキでかさ上げには反対です。

高さがあれば良い、それが鉄骨やコンクリートなどであれば問題ないというような論調をよく身かけるのですが、緩んで沈下して冠水さえしている土地に、果たしてそれが良いものかどうか・・・等、理由はいろいろです。

ガレキの不法投棄や処理方法・場所などが問題になっているのは重々承知ですが。

そもそもこうした提案はガレキを再利用するテクノロジーを持った会社が国や自治体に持ちかけるべきことだと思います。
(それも迅速にできなければどれだけ非難されるか分かりませんね。)

また自治体などにはメールではなく、しかるべき方法でご連絡を取られたほうがよろしいかと思います。
どうしても伝えたいこと、必ず役に立ち実現可能と思われるものであれば、なおさら。
すでに通信も復旧していますし、いろいろな方法が取れる思います。

今後の造営について私が把握できる南三陸町に関しては、国からの許可を待つ段階だそうで、だいぶ進んでいるようです。
詳しくはここに書くことができませんが、ご了承ください。


n_c | URL | 2011-09-16(Fri)08:07 [編集]


Re: あの時を思い出します!

小松さん、ご無沙汰してました。
向こうへ行ってもなかなかゆっくり会う時間が取れませんが、叔母も元気そうです。

小松さんやヨン友のみなさまから叔母宅にいろいろ送っていただいたことには、親類一同驚きと感謝です。

最初は掲示板と思っていましたが、ブログで正解でした。
こうして今も再開情報など書けますしね。

その分いろんな引き合い等が来たりでたいへんではありますが・・・それだけみなさん情報やコンタクト先を探しているということですよね。

たいそうなことを言うようですが、今後どこかで災害が起きた時に、当初からの混乱から復興にかけての経緯などが少しでも参考になればとも思っていました。
(なので、ありのままの感情を書くこともありますm(_ _)m )

それにしても、連絡がつくというのはあの頃からしたら、すごいことですよね。

今後もどうぞよろしくお願いします。

n_c | URL | 2011-09-16(Fri)08:18 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。