南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
富山県氷見市にある永芳閣という宿の女将さんは、震災後から精力的な支援活動をしてきてくださいました。

ブログ、SNSなどネットを駆使して被災地に必要なものを呼びかけ、集まったものをしかるべきところに送る。
またその様子をネットで伝える。

永芳閣さんはお値段もそれなりというか高級なお宿ですし、ホームページを見ただけでも心遣いにあふれたおもてなしが期待できるくらいですから、そこのおかみさんでしたらさぞさぞお忙しいでしょう。
数日休みを取って被災地に行く、ということもままならないと思います。

でもこの女将さんが氷見にいながらにして、日々のお仕事の中から時間を捻出してやりとげた支援活動は本当に素晴らしいんです。

たとえば、荷物を送るのに後でプランター代わりになるように発泡スチロールに入れて、種も一緒に送る。
そんな気遣いもなさるし、何より明るくパワフルな様子が伝わってきます。
周りの人を巻き込む力と魅力も、きっと素晴らしいものがあるのでしょう。

特にお米サポーターという制度はアイディアも実行力も素晴らしかったのです。

震災から1年が経った3月11日に、読売新聞さんに掲載された記事をブログにアップされていたので、女将さんの許可をいただいたのでご紹介します。

「氷見温泉永芳閣女将と板前のおいしい日記」読売新聞さん、掲載ありがとうございます。(2012.3.18)

毎月1トン近いお米が送られたというその量にもビックリですが、「これからは競争相手に」という言葉と、「私が載ったのではなくお米サポーターの一人一人が載った」という言葉に胸を打たれます。

この記事にはありませんが、「もうお米サポートは大丈夫です」という連絡をくださった方が「卒業生より」という言葉を使われていた、というお話もありました。
きっとおかみさんやお手伝いされていた方が、こまやかな気遣いをされていたからでしょう。

恥ずかしながら女将さんと何度かネット上でやりとりをしていながら、ご自身も能登半島の地震の時に志賀原発の影響で海がダメになるのでは、商売を続けられなくなるのでは、という思いをされたことを初めて知りました。

お忙しい中で、被災地に行かなくてもこれだけの支援活動ができるということ、「被災地の人のために何かしたい」という人の思いをつなぐ仕組み作りと運営をやり遂げた方として、ぜひ紹介させていただきたいと思ったしだいです。

氷見の海もおいしい魚介に恵まれ、おいしい地酒もあるようです。

氷見へ旅行される方は、ぜひお宿には永芳閣さんを第一候補に。
氷見のおいしいものを味わいたい方は、永芳閣さんのネットショップでお買い物を。

ご利用いただくと、きっと女将さんの魅力が伝わると思います。

私も1度通販を利用させていただき、「1年頑張られた分です」とご褒美をいただいてしまいました。
カワハギの肝味噌焼きセットは絶品です。)

女将さん、ありがとうございます!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きゃあ、おはずかし~!そして、ありがとう。

ご紹介いただき、ありがとうございます。お役に立てたのか、どうだったのか…今もってよくわからないのです。でも、その時には気持ちは被災地に。
寝る、食べる、暑さ寒さをしのぐ。そんな基本中の基本の部分だけを少しだけ、お手伝いさせていただきました。
どうぞ、氷見で、お待ちいたしております。

永芳閣の女将ですー | URL | 2012-06-17(Sun)23:58 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- | | 2012-06-22(Fri)12:33 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【氷見温泉永芳閣さんのお米サポーター】

富山県氷見市にある永芳閣という宿の女将さんは、震災後から精力的な支援活動をしてきてくださいました。ブログ、SNSなどネットを駆使して被災地に必要なものを呼びかけ、集まったものをしかるべきところに送る。またその様子をネットで伝える。永芳閣さんはお値段もそれ?...

まとめwoネタ速neo 2012-06-20 (Wed) 17:06


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。