南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
払川ダムの完成記念式典、しろうおまつりへ行ってきました。
レポートや来週以降のイベントのお知らせをしたいところですが、TV放送でちょっと話題になっている防潮堤の話を。
(※追記※ 私はTV放送は見逃しました。)

防潮堤の是非は他の市町村でも話題になっていますが、南三陸町歌津の伊里前でも8.7メートルの防潮堤が作られる予定です。

boutyoutei_1.jpg

これは伊里前川の向こうの写真。
8.7mって、エライ高いなぁという印象です。

boutyoutei_2.jpg

防潮堤がいるかいらないかでいえば、台風や小~中規模の津波の対策としては必要で、地盤沈下してすぐに冠水になる地域も多い今、あらためて必要だろうなと感じています。

でも8.7メートルはやっぱり高いなぁ・・・と思うのは、この高さがはじき出された根拠を私が知らないから。

他の市町村でもよく議論されているのは

・かさ上げして高台移転するのに、何億もかけて巨大な防潮堤を作る必要があるのか
・海が見えないと景観が失われる、むしろ状況が分からなくて危険

という点ですね。

加えて、防潮堤建設のために海や川が汚れてしまうという懸念があります。

(※追記※ 漁師さんにとっては死活問題ですし、観光業や水産加工業など、町の人たちに全員にとって大きな問題です。
建設中~その後数年だけのことで済むのか。失って取り戻せないことにならないか。)


これはいざやってみないとどれだけの影響が出るかは分からないというか、予想はできても絶対ということはないのでしょう。
高さを変えて工事期間が短くなれば影響が少なくて済むのかもしれませんが、ひょっとしたらオンかオフかしかないのかもしれない・・・

これまでの防波堤や水門が作られた時の影響はどうだったんでしょう。

河川への影響が少ないコンクリートもあるそうですし、波の力を利用して閉まる防潮堤とか、いろいろ新しい技術も出てきますが、それが採用されるかどうかは全く別の問題。

少しでも早い復興を望む地元の人たちは「そのためにはまずは防潮堤」と考えていますが、もちろん防潮堤ができればそれだけで人の流出や地域の衰退が防げるというわけではありません。
他にもいろんなことをやらなければいけないから、そのためにはまず防潮堤→防潮堤を含めてどのエリアをどのように、というビジョンが決まっていく必要がある、ということです。


一方で海や川からの恵みも景観も、観光と経済のために欠かせないものであることは事実です。

単にスピードか質かという問題ではなく、誰かにだけメリットが偏ることでもない。
(※追記※ 海は漁師さんだけでなく商店や観光業など、町の人たちみんなにとって大切な資源。
漁師さんの中にも「少しでも早い復興を」と防潮堤の建設を願っている人もいて、職業によって意見が分かれているわけではありません。)

自然だけでなく町の活況もまた、失ってしまえば取り戻せないかもしれません。
(※追記※ 自然環境や生態系は手をかけても取り戻せないけれど、町の活況も熱意といろんな状況が揃わないと難しく、現実的には厳しい。)


ちなみに、防潮堤ができてもできなくても(汚染とか関係なく)、もう以前のように伊里前(の以前のエリア)で、(※追記※ 漁業権がなくても組合に入っていれば、かいこうの日に長靴程度の装備で)あさりをとったりはできないみたいです。
地形というか、もう違うので。
(漁師の家の子じゃないのでうまく説明できないのですが。)

防潮堤に限らず、何につけても地元の人たちの意見はいろいろに分かれるものです。
私は南三陸町で暮らし、生きていく人間ではないので、私が口を出すことではなく、あくまで傍観する立場と思っています。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

しろうお祭りと防潮堤

n_cさんこんばんは!名無しで失礼します。
しろうお祭りの放送、スーパーJチャンネル(5月21日)で見ました。
映像はありませんが「価格.com テレビ紹介情報」で放送内容が紹介されてます。
http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=639/episodeID=643820/

北海道南西沖地震(1993年)で津波被害に遭った奥尻島は11mの防潮堤を築いたそうですが…。
「岩手日報」
http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/saiko/saiko111030.html
そして気仙沼で牡蠣養殖されてる畠山重篤さんの言葉を思い出しました。
「森に降った雨が土にしみ込み、植物等の栄養と一緒に川に混じり、海へ流れ込み美味しい牡蠣が育つ」といった感じだったと。
畠山重篤さんが出演した番組「プロフェッショナル仕事の流儀」
http://www.nhk.or.jp/professional/2011/1212/
いつ来るやもしれない東海・東南海・南海地震等を考えると『防潮堤』は日本全体の問題だと思いました。

- | URL | 2013-05-24(Fri)20:50 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。