南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
今日、歌津中学校の避難所の様子を知らせてもらいました。

昨日歌津に行ってくれた人、3人からの情報です。


・食べ物の支給も良くなったし、暖の方も、一日中体育館用のストーブが何ヶ所にも有る

・マットレスの上にアルミの敷物が敷かれていて、その上に上下布団があり、寒くないそう
(上下布団が有る人はお年寄りとか体調崩した人です。一度配布されたら返さなくていいみたいです。)
毛布が豊富で一人三枚か四枚使ってる人もいたし、中学校の物資に毛布の箱が重なって有った

・親戚宅から毎日物資をもらってきていたりで、仙台より食料豊富だった

・私の実家の跡地から拾い集めた服が大きな袋7つもあったそうです
吉野沢の大叔母の家で「これ○円の高いやつ」と言いながら洗って、もう配ったそうです。
水道はもちろんまだ通ってませんが、洗えるくらいなら飲む分が足りないということはないのでしょう。


そして神奈川から来ていた看護士さんに酸素ボンベの必要な私の祖父のことを話したところ、自衛隊が運んでくれた医薬品の中にボンベがあって、新しいものと交換できたそうです。

旧本吉町の親戚の家が無事だったので、祖父と、一昨年亡くなった祖母が映っている写真を持って行ってくれたとも聞きました。

私の家族は電気が通ったら避難所を出て、吉野沢の大叔母の家に移るそうです。
(その準備で掃除をしているそうです。)


そして、「歌津の避難所」としか聞いていませんが、避難所で出産もあったと。
みんなに見守られての出産だったそうです。

(他のところから医療関係の方も来ていることも分かりましたし、戦争経験のある女性は取り上げの経験がある人が多いはずなので、年配者の多い地域はその点頼もしいかもしれません。)


正直にいうと他県から物資を運んでくださったり炊き出しをしてくださったりといった情報が入っても、どれも志津川のほうばかりなので、歌津のほうの避難所はどうなっているか、心配でした。

「行って来た」と言われても「どうだった?」と聞けず・・・・

夕べから今朝にかけては切ない話ばかり伝え聞いて、長期戦になるのだなという実感と共に、本当にやるせない気持ちで・・・・

さんざん気をもんでいたのに、ずっと仕事の手を止めている自分の今後の台所事情のほうがよほど危機じゃないかと。
それから、福島にいる友達が心配です。


あとは他の避難所の様子と、残った家屋にいらっしゃる方への配給事情ですよね。
(どなたかご存知でしたらコメント欄でお知らせください。)

どこから入ってくる情報でも、やはり今物資を届ける手段と手が問題のようです。

先ほどのニュースで塩釜港に石油を積んだ船を着けられるように整備が完了したそうなので、ガソリンの問題は少し良くなると思います。

そうすれば、避難所以外の、自宅にいる方の状況もよくなるはず。
(香織さんのご家族の状況も良くなりますように。)

ヤマト運輸や佐川急便なども一斉に東北地方への荷物の受付を開始したとか。
(被害のひどいところはこれからでしょうし、到着までに10日はかかる、受け取りには本人確認証が必要なそうです。)

すべての避難所の状況が少しでも良くなり、ボランティアが行くことができるようになり、何より他府県への受け入れ体制が早く整うといいなと願います。


今回の震災はいろいろと特別措置も必要になるでしょうし、法的な壁でスムーズにいかないことも多いだろうと思っていましたが、今日の枝野さんの会見で


--被災者再建支援法だけでは足りないのではないか。拡大や改正の考えは

 「まさにこの間もそうだし、これからもそうだが、今回、未曾有の大震災だ。これに対する対応は、既存の法律、制度にとらわれることなく、まさに必要なことを必要なだけやっていくという姿勢でやってきたつもりだ。この間も現行法で許される範囲のことについては、従来の慣習、慣行や従来の解釈を場合によっては乗り越えてでも最大限のことをやってきたし、今後も必要があればそうした措置をとってまいるし、国会でご協力いただければ、それをさらに立法措置によってやれることを広げるということは、当然の前提としてこの間も進めてきている」


という部分があったので、これにも少し安心しました。

声を上げ続ければ、諸々「乗り越えてでも」やってくださると信じましょう!



それからお知らせが遅くなりましたが、 3/19に歌津の同級生が思いつく限りの歌津の地区名を自衛隊に伝えて、物資を運んでほしいとお願いしてくれたそうです。

歌津にいるお父さんのドコモのケータイが途中で切れたけど、つながったと。

その日のニュース23で寄木が映って、スーパーレスキュー隊が地元の人たちと捜索活動をしていたそうです。

今日の夕方のニュースでは、南三陸町のどこかで自衛隊が設営したお風呂に入ったというニュースもありました。
(不謹慎ですが、ミリオタのみなさんにとっても貴重な映像だったに違いありません。)



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

情報ありがとうございます。
今日、母の兄(歌津の田ノ浦に住んでいる)から連絡があり、兄は会社を確認する為に仙台に行き、その時携帯を充電し、電波もあったので、電話をもらいました。
その時兄は、「港の避難所から食料をもらっている。今日は米をもらった。その日によって何がもらえるかは分からない。ガスはプロパンなので大丈夫。水は近所の人の井戸水をもらい、電気は、庭にあった小さなソーラー電気のかすかな明かりでしのいでいる。港の診療所にどこからか病院の先生が来ている。」と言っていました。近所の寝たきりのおばあさんも被災したので親戚の家に預かってもらい、その先生の往診も母の兄が頼んだそうです。
心配していた、私のおじいちゃんは元気でいるそうで安心しました。薬もあるそうです。
もう一人の気仙沼に住んでいる母の兄からも電話があり、気仙沼中学校に避難しているそうです。家は海の市の近くにあり、流されてしまったそうですが、高台に避難し無事でした。教室に40人近くで生活しているそうです。自衛隊の炊き出しがあり、美味しいご飯が出るそうです。着る物も困らず明日はやっとお風呂に入れると喜んでいたそうです。

うちの両親が近いうちに歌津の実家に行きたいって言っているのですが、現地でガソリンを入れるのは難しいので、帰りのガソリンの心配があり困っています。携帯ガソリンを入れるタンクがあるそうですが、どこも売り切れです。

東京でも品薄で大変です(><;)

香織 | URL | 2011-03-21(Mon)21:56 [編集]


歌津の様子が知れて安心しました。
ありがとうございます。
私は志津川出身ですが、父が歌津出身なので親戚や知り合いがたくさんいます。
親戚は名足保育園から入谷に移動していましたが、薬が必要なので名足保育園に戻ったと聞いているので、名足保育園もある程度の物資が行き届いているものと思われます。
とにかく、歌津地区のことを心配していたのでほっとしました。

千葉 | URL | 2011-03-21(Mon)23:18 [編集]


香織さん&千葉さん

香織さん、歌津&気仙沼の情報ありがとうございます。
ソーラー電気があるなんて頼もしい・・・
香織さんのご家族のことも気がかりでしたので、お知らせいただいてほっとしました。
みなさんほんとたくましく暮らしてくれていますよね。

今回の震災は都市型とは違った難しさがあるものの、隣近所もみんな顔見知り、そしてまだ井戸水のあるような地域であったことはかなり救いになっていると思います。

そして皆さん郷里へ行きたい、何か届けたいと思うものの、ガソリンが手に入らず困っている方も多いと思います。
安全面からも、できればこのブログで取り持って、何人かの方が一緒に迎えるようにできないかと思っているんですが、いかがでしょう?

千葉さん、名足の保育園には私の友人もいるはずなので、情報いただけて嬉しいです。
医療チームや医薬品などが行っていると分かると、本当にほっとしますよね・・・・

n_c | URL | 2011-03-26(Sat)10:14 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。