南三陸町と周辺地域への祈り

宮城県南三陸町(旧志津川町と歌津町)歌津の出身です。世界中の皆さんからのご支援に感謝です。本吉町・気仙沼市ゆかりの方、宮城県内・他県の皆さんも一緒に頑張りましょう!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
IMG_9461.jpg

----------------------
思い出写真館
総合ケアセンター南三陸2F
社会福祉協議会 ボランティアセンター
時間 9:00~15:00
定休日 土・日
<出張展示開催スケジュール>
歌津、戸倉地区の各所
南三陸町ボランティアセンターHP「おしらせ」
http://minamisanrikuvc.com/info.html

※休業日・時間等は変更になる可能性もありますので、お電話でのお問い合わせがおすすめです。
----------------------


帰省したらぜひやりたいと思いつつ、手伝いがあるのでずっとできなかったこと。
「思い出写真館で流された写真を探したい!」
それが今回ようやく実現しました。

以前はベイサイドアリーナのボラセンのテントの近くにありましたが、今は新しくできた南三陸町病院に併設(という言い方が正しいのか?)の「総合ケアセンター南三陸」2階に移動したとのこと。

※南三陸町病院、総合ケアセンター南三陸 についてはこちらをご覧ください。
台湾からの義援金のおかげで、小さいな町には立派過ぎる病院ができていました。

南三陸町病院HP
宮城県復興応援ブログ ココロプレス「保健と医療と福祉のまちへ!「南三陸病院・総合ケアセンター」
宮城から感謝をこめて2015 「南三陸町 南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」

問い合わせたところ、社会福祉協議会が総合ケアセンター南三陸の2階に移転し、そこで照会ができると。
社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会HP 「事務局およびボランティアセンター移転」

同級生と久しぶりに再会して、一緒に行ってきました。

IMG_8918.jpg

なるほど。病院に併設した総合ケアセンターに福祉課や各種支援センター、社会福祉協議会があるようです。
きれいな売店や広くて心地よい休憩スペースもありました。
IMG_8915.jpg

住所、氏名、電話番号、20111年3月11日時点の住所などを記入します。
誰でも手続きなしで見られるわけではないので、これはむしろ安心感がありますね。

そしてパソコンで見つかった写真のデータを照会します。
矢印ボタンで次の写真、前の写真と移動するだけなので、パソコンの操作が不慣れな方でも大丈夫。
社会福祉協議会の方が親切に画面を立ち上げてくれるので、心配無用です。

見つかった地域ごとにフォルダが分けられていて、希望するフォルダを開いてくれます。
探していくと、歌津のフォルダを見ても志津川や戸倉、気仙沼市の写真が混ざっていたりします。
これは見つかった場所で分類していることと、歌津の人が志津川の親類の写真を持っていてそれを流されたり、というのが理由でしょう。

写真が見つかったら、番号を控えて社協の方にお渡しします。
集合写真や、複数人が映っている写真は何枚ほしいと書いてお渡しすると、元の写真と希望枚数を無料でプリントしてくれます。
1つのアルバムから見つかったものは番号が紐付けられていて、その中の1枚が見つかればアルバムまるごといただけます。

歌津のフォルダだけでも全部見切れなかったのですが、番号を控えておいて次回は続きから探すということもできます。

こんな写真が見つかりました。

IMG_8920.jpg

遺影にしていた家族の写真、飼っていた猫の写真、叔父夫婦の結婚式の写真、いとこの七五三の写真も発見しました。
近所の方や同級生の写真も。

同級生と一緒だったので、「これは誰々じゃないか」「一緒に映っているのは○○先生かも」「私たちの2つ下の学年だね。○○ちゃんが映ってるから、何枚か印刷してもらってお母さんに渡そう」という展開も多々ありました。
1人だったら見つからなかった写真もあったと思います。

バブル期はいろんなところに視察や旅行に行ったんだなぁとか、式典の写真も多く「志津川歌津組合 祝 病院新築落成式」との幕がかかった写真など、町の歴史が分かる写真もたくさんありました。

家族や友達の写真だけもらってきても良かったのですが、歌津大橋をバックにわかめを持って映っている漁師さんの写真は家族や同じ地区の漁師さんに聞いたら分かるだろうと思ってもらってきました。
案の定、「どこのナンとかさんで、どこそこに新しい家を建てた」ということが分かり、お届けしてきました。

伊里前湾のパノラマ写真も、こういう写真を撮っていた人は限られるだろうと思ってもらってきたら、「これは○○さんだ。店に飾ってた」と。
ご本人の若き日の写真と一緒にお届けしてきました。
我が故郷ながら南三陸町、狭い・・・・・;

地元の人や地元出身の人でないと探せないので、ぜひ行ってみてください。
歌津や戸倉にも時々出張してくれているようで、日程はボランティアセンターのホームページに掲載されています。

南三陸町ボランティアセンターHP「おしらせ」
http://minamisanrikuvc.com/info.html


年配の方はパソコンに抵抗があったり、土日が基本お休みなので(出張展示は土日の場合も)仕事で行けないという方も多いと思います。
年配の方がお元気で写真が見えるうちに、ぜひ見つけてあげてください。

PageTop
伊里前地区にも8.7mの防潮堤が建設予定のため、ウタちゃん橋も、ウタちゃんが描かれた絵もなくなってしまうということで、最後かもしれないと思い行ってきました。

以前は太鼓橋といっていたかと思います。
歌津大橋が壊れたのに、この橋が残ったのですから・・・よくぞ残ってくれたと思ったものです。

IMG_8714.jpg

ウタちゃん橋から伊里前上方面。志津川方面、田束山方面、上流側といったほうが分かりやすいでしょうか。
習い事や塾に行くのにこの川沿いを通りました。

IMG_8715.jpg

こちらは反対側の伊里前下方面。海側、三嶋神社側、水門があったほうです。
こちら方面は子どもの頃の散歩コースで、別家(べっか・分家)、もありました。

震災後も残ったウタちゃんの絵。
このウタちゃんの絵を残したいねという声もあるそうです。

IMG_8716.jpg

以前はザワと呼ばれるしろうお漁の石組みが、ウタちゃん橋よりも海側からありました。
南三陸町南三陸町バーチャルミュージアム
先ほどの反対方向の写真もあわせて見ていただくと分かるのですが、今はウタちゃん橋よりもだいぶ上流に組まれています。

ザワの位置を抜きにしても、以前にはここまで来ていなかった海藻や貝類、小さな波などから、海水が以前より上流に来ているのが目に見えて分かります。

すでに盛り土がされています。

IMG_8718.jpg

ウタちゃん橋を渡って、久しぶりに防波堤に行ってみることにしました。
あのあたりも新しくできる防潮堤の外になるはず。
(すっかりどこが第一、第二、第三防波堤だか記憶があやふやです;)

水門を渡って行っていたこのエリアに、ウタちゃん橋を渡っていくこと自体が不思議な感じでした。
盛り土がされていたエリアも通ることができなくなりましたから、だいぶ遠回りになります。

よく自転車で通ったこの道路。
IMG_8720.jpg

普通の靴で波の来るギリギリまで行ったり来たり、滑りそうになりながら遊んでいたこのあたり。
なにやら黒いのが敷かれてありましたが、滑り止めでしょうか。
向こうに移転中の伊里前福幸商店街、伊里前小学校が見えます。

IMG_8719.jpg

IMG_8721.jpg

このあたりでは釣りをしてました。

IMG_8722.jpg

角万さんのトラック発見!

IMG_8723.jpg

第何防波堤でしたか、ここ、頑張れば登れたんですが、倍ぐらいの高さになってます。
(震災前からかどうかは不明ですが、私が最後に来た時はこうじゃなかった・・・)
この横の継ぎ目みたいなのが元の高さでしょうか。

テトラポットも昔の1.5倍か2倍の大きさになっているような・・・・

IMG_8725.jpg

IMG_8727.jpg

以前はよいしょっと上って、テトラポットの上を飛び跳ねて移動していたんですが、高さが倍ぐらいになっているので怖くて無理です。
テトラポットの下の波の音が遠い・・・・

IMG_8728.jpg

IMG_8729.jpg

IMG_8730.jpg

釣りに来ている人も2、3組いました。
アオイソメを手袋して触っていたので、町内の人ではないのかなー、どこかから釣りに来ている人もいるのかなーと思ってみたり。

IMG_8731.jpg

海風が心地よかったのですが、なにぶん暑い日にそれなりの距離を歩いたのですっかりのどが渇きました。
伊里前商店街に戻って、佐藤酒店さんでノンアルコールビールを買って乾杯!
プリン体ゼロだからマルアラさんでウニ丼食べても安心ですね。
海を見ながら、風に吹かれながら(ノンアルコールでも)ビールが飲めるなんて最高です。

最初はウタちゃん橋も見納めかーさみしいなーと思っていたのにすっかり忘れて堪能しました。

最後に、歌津魚竜のイラストのマンホールの写真(彩色なしバージョン)を載せておきます。

IMG_8713.jpg

PageTop
南三陸歌津伊里前の三嶋神社にも久しぶりにお参りしてきました。
たぶん震災の翌年のお祭り以来かと思います。
(お祭りの写真、スパイダーさんのしか載せてなかったですね・・・スミマセン。)

子どもの頃から何度も登っているので私は平気でしたが、運動不足の方にはちょっとキツイ石段のようです。
この写真だと分かりづらいですが。100数段あります。

IMG_8983.jpg

登ると社殿があります。
社殿に「三島神社」と書いてあり、私も以前は三島神社かと思っていたのですが、お札にも神社庁のページにも三嶋神社となっています。

IMG_8706.jpg

IMG_8707.jpg

写真を撮ってこなかったのですが、三嶋神社には釣鐘があります。
(歌津を出るまで、神社には鐘があるものだと思っていました。)
西光寺には鐘がないので、伊里前では除夜の鐘といえば三嶋神社です。
大晦日以外にも時々三嶋神社の鐘が聞こえてきて、あぁ誰か登ったんだなと思ったものでした。

社殿の、向かって右側に大きな杉の木があります。
この木は津波を何回見てきたのでしょうか。

IMG_8701.jpg

高いところにある分、眺めは最高です。
石段からは伊里前の町並みが、海側からは伊里前湾が見えます。

IMG_8702.jpg

写真の向かって正面、海の向こうの高い木の幹が見えるあたりが実家の山で、氏神様を祀っています。
江戸時代まで先祖はここに住んでいて、その後伊里前に移り住んだそうです。
伊里前の町割りは元禄時代といわれていますから、その頃でしょうか。
もっと手前まで木がありましたが、津波で潮焼けした木を伐採して今この状態です。
(津波の後、魚網が絡まったりしていたのをボランティアさんが暑い中片付けてくださったり、お世話になりました。)

そしてこの写真の下が歌津大橋、国道45号線でした。

頑張って登ってこの風景を見てください。

社殿に向かって左手側に夫婦杉があります。

IMG_8704_20160710001455077.jpg

こちらもかなりの高さです。

IMG_8705.jpg

お帰りは、石段の両脇の草花を愛でていってください。
6月後半に入った頃、この日はまだあじさいもつぼみでした。

IMG_8710.jpg

IMG_8709.jpg

IMG_8708.jpg

以前伊里前上にあった社務所は津波の被害を受けましたが、高台に立派な社務所ができていました。
流されてしまったおみこしの代わりに、静岡県裾野市石脇地区の三嶋神社からお神輿を寄贈していただきました。
以前は伊里前地区の子どもだけの参加でしたが、2012年のお祭りでは他の地区の子どもたちも参加して賑やかでした。
お囃子もおみこしの担ぎ手も以前は長男限定(もしくは跡取り)でしたが、これからはそうもいかなくなっていくかもしれません。

三嶋神社は震災前から変わらないままのように思えますが、そんなふうに状況は変わっていて、町もまた変わっています。


PageTop
さんさん商店街レポート続きです。

いつも南三陸町の my favorite スイーツは入谷の天神きくかさんのかぼちゃまんじゅう(土日に入谷のサン直売所、月末の福興市で販売されていますが、人気なので早い時間になくなります)だと主張しておりますが、この日、YUSHINDO(雄新堂)さんのくるみパンにノックアウトされたのであります。
なんですかこの大きな味の良いくるみがゴロゴロ入った、ふかふかのパンは・・・・・・
「おなかいっぱい」といいながらけっこう食べましたよ。そして翌日もおいしかった。
休業日に地団駄を踏みたい、おすすめ商品です。

IMG_8700.jpg

YUSHINDOさんはモアイ押しのようであります。
IMG_8688.jpg

「未来に生きる」というメッセージが添えられたモアイ最中。
この、かわいらしさを求めて媚びない造詣が素晴らしい。
IMG_8690.jpg

ケーキもおいしそう。
IMG_8689.jpg

ちなみに、南三陸町で誕生日なのでケーキをとなったら

・絆ロール・・・伊里前福幸商店街のマルエー、泊崎荘、さんさん商店街の産直ショップ りあんさん。
・オーイングさん、YUSHINDOさん、山清さん(さんさん商店街)
・沼田(ベイサイドアリーナに近い、商工団地と言われるエリア)にできたモンペイナタルさん

へどうぞ。

その、オーイングさん。マドレーヌ製作中だったり接客中だったのでちゃんとした写真を撮りそびれましたが、お店ができてうれしそう。

IMG_8931.jpg

IMG_8932.jpg

IMG_8934.jpg

さんさん商店街はいろんなのぼりや看板があるのも楽しいです。

IMG_8682.jpg

IMG_8681.jpg

さらにはこんな人(?)も・・・・
IMG_8699.jpg

IMG_8698.jpg

記念撮影には欠かせない顔ハメもこのように・・・・・

IMG_8650.jpg

IMG_8649.jpg

自販機もモアイ仕様であります。

IMG_8927.jpg

気を取り直して、千葉のり店さんへ。
たつのこ海苔太郎の味付け海苔が人気のお店です。

お客さんからいただいたというフェルトのたつのこ海苔太郎が。
IMG_8686.jpg

このクリアファイルもかわいく、メッセージ性もあっておすすめです。

IMG_8687.jpg

そしてそして、高校の同級生にようやく会えました!
高校の卒業式以来です。

人気のクレープ屋さん「自然卵のクレープ モアイ店」の娘さん・・・と言いたいところですが、お母さんは私の同級生なのです。
気仙沼の高校で一緒だったのに、歌津に嫁いで来ておいしいクレープ屋さんをやっていたところに震災があり、震災後は北海道へ。
いろんなお店を研究して、鶏の飼い方を勉強して、南三陸に戻ってきたわけです。

さんさん商店街にお店ができたとき、人に頼んで買ってきてもらって食べたのですが、私それ以来、東京でクレープを食べていないんですよ。ここのクレープがおいしくて、クレープにガッカリしたくなくて。

店内でコーヒーを飲みながらいただきました。

IMG_8929.jpg

IMG_8928.jpg

今はフレンチトーストやオムライスもやっているそうです。
卵が自慢だから、おいしいんでしょうね。

IMG_8684.jpg

いつもお花をお願いしているあんさん。
町内に配達もしてくれます。

IMG_8683.jpg

フードコードの周りは観光で来てくださった方でにぎわっていました。

IMG_8694.jpg

運よくオクトパス君にも会えました。

IMG_8695.jpg

さんさん商店街はお店が多いのですべて紹介しきれないのですが、ヤマウチさんのところでいろんな飲み物が、いろんな飲み物が・・・飲めるみたいで、飲み物すら入らないぐらいおなかいっぱいなのが残念でした。
キラキラ丼も、月と昴さんのカレーも入らず・・・・

熊本へのメッセージが。

IMG_8930.jpg


切子の看板もたくさん並んでいました。

IMG_8645.jpg

17~18時頃に閉まるお店が多いので、お早めに。
月に2回の朝市も始まり、この日は早い時間からおいしいものが食べられます。
(開催日は南三陸町観光協会HP、もしくはさんさん商店街HPでご確認ください。)

新しい本設の商店街ができるまで、こちらの仮設商店街でお楽しみください。

PageTop
先日2016年7月6日に起工式が行われた新・さんさん商店街。

↓この日のお天気は・・・・

☆さんさん商店街ホームページ
本日、新さんさん商店街の起工式が執り行われました!
http://www.sansan-minamisanriku.com/archives/6864.html/


伊里前福幸商店街の人達と一緒に「株式会社 南三陸まちづくり」を設立し、みなさんはりきっている様子。
建築家・隈研吾さんがデザインを手がける本設のさんさん商店街のオープンは、来年3月3日、さんさんの日の予定です。

本設の商店街が楽しみなところですが、久しぶりに現在のさんさん商店街、仮設商店街へ行ってきました。

以前このブログに載せた時はまだポータルセンターがなかった頃でしたね・・・
立派な建物ができています。

IMG_8656.jpg

観光協会のショップ「みなみな屋」もその隣に(というかここまでがポータルセンターらしい)移動しています。
広くて、新しいグッズがたくさん増えていました。

ウェットスーツ生地を使った、インパクト大のコインケース。
小銭以外にも、薬や外したアクセサリーを入れるのに便利なサイズです。

IMG_8662.jpg

充実のモアイコーナー。
おみくじに神社までできています。

IMG_8652.jpg
IMG_8653.jpg
IMG_8654.jpg
IMG_8651.jpg

こちらのコインケースもまた、なかなかのインパクトであります。

IMG_8669.jpg

オクトパスくんグッズもどんどん増えていました。
南三陸の間伐材を使用したピンバッチ、マカロンのようなかわいいカラーのオクトパスくん、お菓子に、Tシャツも種類が増えていました。

IMG_8671.jpg
IMG_8670.jpg

IMG_8663.jpg


IMG_8665.jpg

繭細工もかわいいブローチなどがあるのですが、おすすめはこちら。

色を付けた繭とカプセルのように組み合わせた、「まゆみくじ」。

IMG_8667.jpg
IMG_8673.jpg

(※写真の「はずれ」はこの日お買い上げの方向けにやっていたくじ引きです。)
「待ち人 来たらず」とかでなく、「デイト あきらめて他の人とせよ」とか、部分的に内容がおかしいです。

色の付いていないほうは繭の色そのままなので、洗顔に使えます(ぬらしてくるくる顔をマッサージしてください)。
洗顔用の繭セットも販売してますので、女性へのお土産に迷ったらぜひ。

個人的イチオシはこちら、「サケ生すごろく手ぬぐい」!
NPO法人 海の自然史研究所の商品だそうです。

IMG_8668.jpg

「ヤマメに食べられる」「ネズミザメに食べられる」「トドに食べられる」・・・・といろんなものに食べられてますが、「生まれた川がみつからない・・・」「他のオスにメスを横取りされた」「体力が尽きてしまった」と切ない展開が多く、サケ生の厳しさがうかがえる内容になっています。

人気のクレープ屋さん、「自然卵のクレープ モアイ店」のお菓子もありました。
卵が自慢のお店のメレンゲクッキーです。

IMG_8664.jpg

みなみな屋さんの商品が豊富だったので、他のお店のレポートは次のページに分けます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。